⑥①punk/skinsイギリスに行ったら訪れたい💂コアでディープな場所✈世界の現実旅行その①

みなさんご無沙汰しております。お元気ですか? 😊👊 

今日のテーマ

イギリスのコアでDEEPな場所に行ってみよう

をご紹介したいと思います。旅行会社の見どころに載ってない(むしろ載せれない(笑))そんなコアな場所をこっそりお教えしましょう!あまり公に大きい声で言うと物議を醸しだしますが・あくまでこんな場所があるよって事です。ご了承ください 

まずはあり得ない犯罪ミュージアム

LITTLEDEAN JAIL💣

pin

ロンドンから車で西に3時間ウェールズとの境近くイギリスの田園風景広がるのどかな場所に悪名高いそのミュージアムはありました。

住所〠 Church St.littledean.Nr.Cinderford GL143NL/UK

ホームページwww.littledeanjail.com

pin

春くらいから始まって1月とか2月の寒い時期見れないかもしれません 時間も10:00~3:45分まで入場可能で5時までとかなので、また変更されてるかも知れないので行く場合は確認してくださいね

そこはイギリスの田園風景広がるとてものどかで素敵な場所にあります。200年前の刑務所の中にもう膨大な数のコレクションの数々Σ(・□・;)若干個人的イメージのジオラマも手作りと言うツルツル頭の店主事ANDY

あえてスキンヘッドとは言わないでおきます。ちなみに話はそれますが英語のお勉強~ただのツルツル頭の人は英語だとBALD スキンヘッドとは言いません 違う意味になってしまいます。

それはさておきもうここに立ててある看板からしてやばいです。(笑)

pin

非道徳な犯罪博物館

話題の観光名所 (ある意味話題)

200年前の刑務所に不快で残酷で侮辱的な展示品の数々をコレクションしたミュージアム

子供連れの最終警告

暴力的・性的・不適切表現あり

こんな看板でお出迎えされます。(;’∀’)

この写真のバックもこの場所で撮られたものだと思います。そして現在アンディさんもホームページでコレクションのスクターなども展示してるみたいですよ。😊 是非私も見てみたいと思います

pin

こんな感じの危ない品々が盛りだくさん(笑)
pin

後・私のページでも特集したイギリスの犯罪者映画の主人公ウルトラヴァイオレンスな囚人「ブロンソン」ともアンディーさんお友達みたいでチャールズブロンソンの特集記事はこちら➡ (笑)婚約者まで現れて、刑務所の肉声まで聞けちゃいます。犯罪者なんだけど・なんだか声とか話し方聞いてると魅力的なキャラクターでもあるようでした(笑)

海外とかだと獄中結婚とかシリアルキラーとかに恋しちゃう女性とかいるんですよね~また割と綺麗な人が多いのも驚きですが・・

イギリスに行けるかどうかな?と言う方もNETFLIXでも観れますので、ご興味のある方はどうぞ イギリスだけじゃなく世界の現実旅行が楽しめます 他にも体験型の面白いのがあったのでまたその2でご紹介します。日本編は福島編もあってちょっと考えさせられました。

あまりに日本的なアニメやら可愛いだけのミュージアムに興味のない私は衝撃的なものが日本にもあれば良いと思います。もっとダークなタブーとされるミュージアムやイベントなど。以前アメリカの友達にMAD MAXみたいな参加型イベントに誘われたのですがそれもいつか行ってみたいです。日本じゃなかなか無理だろうな~

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。イギリス旅行とpunk音楽フェスとスタイルや映画お得な旅行チケットからチケットの買い方まで

イギリスを軸にお得な情報満載でお送りしています。ただ今60記事突破!ヨーロッパの鉄道チケットの買い方なども現在沢山の方に利用して頂いています。どうもありがとうございます✈ 

これからも出来るだけ頑張ってお得な情報やおもしろネタ書いて行きたいと思っています。これからも宜しくお願いします(o^^o) では他の記事も色々読んでみてくださいね💝

スポンサーリンク