⑪LIFE IS POSERS-アメリカンPUNKコミックブックで英会話レッスン♪

みなさん おはようございます。ライブの日、栄養剤とビタミンC+コラーゲンを飲み頑張りましたが、なんだか疲れが溜まっていたようで、ライブの翌日寝ても寝ても眠くてなにも出来ずに1日が終わってしまいました。Σ( ̄ロ ̄lll)

先日見切り発車で、サイトの完成を待たずに、宣伝活動をしましたが、皆さんの応援のお陰で1日で200 LIKE も頂けて、感謝してると同時にこんな個人のブログに余りにも沢山世界中から色々な優しいお言葉と応援メッセージを頂いてちょっと責任感が芽生え始めています。良いのかこんなんでっ(;’∀’)

そういう訳で今回は海外旅行に欠かせない高き壁英語について書いてみようと思います。

「LIFE IS POSERS」アメリカンPUNKコミックブックで英会話レッスン♪

先日アメリカボストンから来日しているWHO KILLED SPIKEY JACKET?のライブに行ってきました。日本のTHE ERECTIONS とのJAPAN TOUR 真っ只中(特集記事はまた後日)のそんなWHO KILLのあのジャケットでも有名なPUNKコミックでもあります。

ボーカルのクリスと作者はお友達だそうで、クリスから念願だったコミックを頂いてご満悦な私です。ありがとうございます。(^▽^) このサイトのテーマはREBELLION PUNK FESTIVALと音楽と旅行と英語が軸なので今日はこちらをご紹介します。

さてさて、英語と私は古く浅く広い歴史が。まったく大した事ではありません。すみません(笑) (笑)←これで思い出しましたが私は ➡www  これを使うのに抵抗があります。なんだかインターネットの世界にどっぷりハマっているのですが wwwは無理です。同じかたが見えて先日ちょっと感覚が解りあえて嬉しかったです。 すみません話がそれましたが

私が最初に見た英語の本はスヌーピーの2ヶ国語で書かれた本でした。

 

 

タダで海外旅行に行きたい

小さな頃スヌーピーが好きだったのと、英語に憧れていたので、良く解らないままに買った覚えがあります。 それから8歳で私は外国に強い憧れを持ち私の頭の中で外国に行きたい➡お金がない➡タダで行きたい➡そうだ仕事にしよう➡客室乗務員になればいいじゃん➡じゃあ英語勉強しなきゃ

それが8歳の小さな脳みそで考え出した結論でした。他にも夢があったのですが、とりあえず今みたいに選べるほど沢山の子供英会話教室もなく、あれば凄く高価な月謝がいるとこかだった時代なので、私は安くて近い英会話教室に通い始めました。しかし先生のだらしなさに幻滅と嫌悪感を抱いた私は早々にリタイア💔 (笑)

中学1年の最初まではこーみえて(見えてないけどね)運だけで結構良い成績を収めた強運(運だけ むしろこの荒波の人生を運だけで渡り歩いてるといっても過言ではありません)(^◇^;)の持ち主でしたが、担任の先生が嫌いだったこともあり、(今は理由が解りません)授業妨害以外まともに授業に出た覚えがありません。そして落ちこぼれへ一直線。もっとちゃんと勉強すれば良かったと同時に、先生にも申し訳ない事をいっぱいしてきたので、反省しながら大人になりました。

それで地道にコツコツと今もなお勉強中なので、私はこのブログで常時英会話レッスン情報なども載せています。日本人のみんなは私を含め、やっぱり英語を話す機会が少ないので英語について不安な人が多いと思います。 私たちは学校でアメリカ英語を習いますが、イギリス英語はイントネーションも単語や言い回しも違って余計に私たちには難解です。

私の周りでもみんな英語もっと話せたらな~っていう方が多いので勉強のきっかけになれば良いと思っています。

さて話は戻ってコミック

LIFE IS POSERS

人生は……POSERS ポーザーズ 調べると気取り屋 かっこうだけで中身がない。勘違い野郎 (笑) 要は人生なんて勘違いから始まるのさって感じかな?それとも人生なんて目立ってなんぼでしょ?って私は勝手に推測していますが。間違ってたら誰か教えてくださいね!(外国のみんなにちょっと聞いてみたけど明確な答えがないので、今度作者の方にインタビューしてみようと思います)

表紙のL.I.P.は? R.I.P.は良く見かける略語で、知ってる方も多いと思いますが…R(REST) I(IN) P(PEACE)でこれで 安らかに眠れ ご冥福をお祈りします。の意味として使われます。L.I.P.??アメリカのスラングやイギリスのスラングは、まだまだ英語の勉強中の私には難しいです。みんなで頑張りましょう (笑)

LET’S WRECK THE PARTY! WRECK(めちゃめちゃ.大惨事)表紙からも解るように。パーティーを滅茶苦茶にしようぜっ!みたいな感じだと思います。あはは 私の周りはみんな心優しいのでそんな人はいませんが10代の時なら気持ちは解ります。何もかも滅茶苦茶にしたい衝動。衝動だけにして出来る限り迷惑はかけないようにしましょうね。(笑) 本当に強い人は、本当は誰にでも優しい人だと思います。あはは

コミックやグッズなど興味があるかたはこちらがサイトです。LIFE IS POSERS (日本でも買えるようにしていきたいと思っています。お楽しみに~)

このコミックの中のWE ARE PUNKS WE ARE PUNKS はあのWE ARE THE MODS WE ARE THE MODSのPUNK VERですねお若い方で(めっちゃ年寄り臭い)まだ観たことない方はぜひイギリスのBIGサブカルチャーの1つMODSが垣間見れる有名な作品です。

 

それでは次回は旅行の記事Rebellion punk festivalも少しお見せして、旅の英語の記事も、あっ~あと今回このサイトのイメージアートも提供してくれたイタリアのPogo band 「Defectives」の特集記事も書きたいと思っています。来月から日本のpogo band 「Beer Belly」とのヨーロッパツアーを始める公私ともに仲良しな彼等に密着します。お楽しみに~(^o^)

Next→LONDON BUS

Please follow and like us:
20
スポンサーリンク

投稿者:

Oipogo

14歳からpunk音楽の様々な種類を聞き始めました。私のイギリスやヨーロッパ好きは8歳の頃からです(笑) 英語を学ぼうと思ったきっかけの1つに歌の意味が知りたかった事もあります。それほど音楽は人生に欠かせない良き友だと感じています。1人でも多くの日本人のみなさんにこの素晴らしいRebellon punk festival を生で感じて欲しくて日本語のガイドブックを書こうと思いました。宜しくお願いします(o^^o)  こちらは私のBLOG (BLOODY MARY) OTHER ROCKABILLY /PINUP SIDE ALMOST FOR ENGLISH PPL SHOPPING SITE (HOT ROD CAR AND ETC)ロカビリーサイド海外製品のショッピングサイトですがお取り寄せも可能です。ホットロッドカーもいっぱいあります。見てみてくださいねBLOODY MARYすべて購入も可能なので暇つぶしにどうぞ!❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA